教室に通おう

イラスト

たくさん応募しよう

漫画家になるにはとにかく漫画を描くことが大事です。描けば描くほど、上達していくことでしょう。しかし、基礎知識がないと応募することもできません。描き方というものがあるので、まずは基礎から学んでいきましょう。それには專門の教室に通うことをお勧めします。地域の趣味サークルに入ってみたり、専門学校に通ってみたりするといいかもしれません。漫画家になるにはとにかく絵が上手にならなくてはお話にならないからです。同じ目的を持った人たちと描き続けることで、切磋琢磨できるという利点もあります。もちろん、講師に見てもらえば、不備なところなども指摘してもらえて直すこともできるでしょう。また、漫画家になるには強い精神力も必要です。専門学校に通ったり教室に通ったりしたからといって、すぐに漫画家になれるわけではありません。まず、コツコツといろいろな漫画を描いていきましょう。人物のみならず、風景などもしっかり描けるようにしていきます。それから、漫画家になるにはストーリーづくりも大事です。たまに、イラストと原作は別の人で発表する漫画もありますが、できれば自分一人で全てを作れるようにしましょう。そこで、小説を読んだり、ドラマを観たりすることも大切です。いろいろなお話を読んでストーリーづくりをしていくことをお勧めします。こうして基礎が固まったら、今度はどんどん応募してみましょう。出版社や漫画の賞などに応募することで、漫画家の道がひらけるようになります。